人材開発、人事コンサル、面接、評価、資格、人財開発、採用選考、コミュニケーションスキル、研修、講習などの活動をしている協会

ロゴ

「面接評価士」講習・検定
HOME > 「面接評価士」講習・検定

「面接評価士」講習・検定プログラムのご案内

企業・法人の人材開発の起点となる“採用選考”において的確な判定を行い、定着・活躍する人材の確保をはじめとした確かな成果を創出できるキーパーソンを養成します。

1)このプログラムの狙い

(1) 経営と人事がリード&サポートの関係を強める中で、人材力の強化に向けて必須の「面接力」を内製化するための体制づくりを進めます。

(2) 採用選考・人材ローテーションの機会に的確な判定を行い、業績向上につながる人材の確保。活用が提案できるキーパーソンを養成します。

(3) 人事担当スタッフのスキルアップの一環として、役割期待に応じた職務遂行の柱となる確かな「面接力」の習得を図ります。

(4) 人材募集の際に「一人ひとりの応募者に“面接評価士”がしっかり向き合います」と明記し、真摯な採用姿勢を表すことが受け手のモチベーションUPにつながります。

2)講習の概要

区分 内容 備考
(1) 労働環境・雇用情勢 ① 労働指標の検証
② 雇用情勢の変化

☆平日4日間コース(週1回)
10:00~17:00

講義・グループワーク

ロールプレイ・演習

を交えて実施します

(2) 就業意識の変化 ③ 当世若者気質、定着・戦力化
④ キャリア形成のステップ
(3) 採用計画・選考手法 ⑤ 採用方針・活動計画
⑥ 選考プロセスの構築
(4) 面接のプロ養成 ⑦ 面接選考の進め方
⑧ 採否決定のポイント・質問内容
(5) 内定・入社・定着 ⑨ 内定~入社までのフォロー
⑩ 定着・戦力化の体制づくり

研修・グループワーク(30時間) + 小論文(2回) + 検定試験

3)“面接評価士”資格基準

区分 職務遂行レベル 要件
1級 単に採否を決めるだけではなく、採用した人材が概ね定着・活躍する。「面接」に関する経験・ スキルを有し、後進の指導・育成が出来る 人事実務・面接経験5年以上。2級取得後、3年以上経過時から基準に照らし合わせて認定
2級 人事スタッフとしての役割認識・基本的な知識を持ち、上級者の下で1次的な面接を担当して、的確な評価・判定を行うように努めている。 人事実務・面接経験は不問。所定のプログラムを受講して認定基準を超えた人材

「面接評価士」講習・検定プログラム 当面のスケジュール

講習

夜間コース(全7日間)

6月26日より開講 各回18:00~21:00

区分 内容 備考

6月26日(火)

(1) 労働環境・雇用情勢

① 労働環境の変遷・基本指標の検証 ② 雇用情勢の変化

7月10日(火)

(2) 就業意識・キャリア形成

③ 当世若者気質と定着・戦力化 ④ キャリア形成のステップ

7月24日(火)

(3) 採用計画・選考手法

⑤ 採用・雇用方針・活動計画 ⑥ 面接機会の活用・プロセス

8月7日(火)

(4) 面接機会の設定・基本応答

⑦ 面接選考の進め方 ⑧ 判定のポイント・主な質問内容

8月21日(火)

(5) 面接のプロ養成(1)

⑨ 良質な人材を見抜く質問例 ⑩ 採否決定の決め手

9月4日(火)

(6) 面接のプロ養成(2)

⑪ 人材開発のスタンスに立った面接手法 ⑫傾聴力・洞察力

9月28日(火)

(7) 体系的な人材開発

⑬ 内定時から入社までのフォロー ⑭ 定着・戦力化への仕組み

 

検定試験

講習受講後3カ月以内に、別途、スケジュール化して実施する検定試験を受け、基準を超える成績を収めた方を“面接評価士”に認定します。

講習受講料(検定受験料含む)

お一人95,000円(消費税込み)。賛助会員・グループ受講には割引制度があります。
ので、お気軽にお問い合わせください。

※本講習はキャリア形成助成金の申請が可能です。

 

講習会場

キャンパスプラザ京都5階演習室
京都市下京区西洞院通塩小路下ル
 

お問い合せ・お申し込み

お問い合せ・お申し込みはお気軽に メール info@jks-kyokai.com
または、FAX 075(862)5168でお送りください。

↑